医療費控除 「医師又は歯科医師」「治療又は療養」「病院、診療所又は助産所」で保険の対象や医薬品といったものが、ざっくりとした医療費控除の対象となるかどうかの判断基準になります。 ただし、医療費控除の対象になるかどうかについて、個々の該当項目の判断は非常に細かいので、医療費控除の対象に該当するか否かについては、ひとつづつ丁寧に確認する必要があります。 対象・対象外   目的 細目  ◯⇒対象となるも…

»…の続きを読む

  課税所得 平成29年4月1日以後 開始事業年度の実行税率 ~400万 25.99% ~800万 27.57% 800万超 33.80% 実効税率とは、法人の実質的な税負担の率をいいます。 日本の法人に対して課される税金は、所得に応じて一律に税率を乗じて計算されるのではなく、企業の規模・事業所の拠点・軽減税率の適用等によって異なってくるため、実際にどのくらいの税金の負担となるかについて検討する際…

»…の続きを読む

安定したビジネスモデルなら、月ごとの売上げも経費も、大きな変動はなく推移し、経営計画通りの税額を納めることとなるでしょう。 しかし、季節変動により大きく売上が変動する業種や景気の影響をダイレクトに受ける飲食業や建設業、また、受注制作を主な売上の柱としているような業種ですと、急激に売上が伸びることは良いことなのですが、想定外の納税に頭を悩ませる経営者も少なくありません。その他、不動産の売却で多額の利…

»…の続きを読む

新設したばかりの青色申告法人や新規個人事業者で雇用者給与を支給し、法人税等が発生している場合には「所得拡大促進税制」を利用することにより必ず税金を減額できますので、該当するかどうか確認しましょう。ただし、本制度は、税額控除ですので、赤字の法人等で法人税等が発生しない場合等には控除する税額がないので対象外です。還付もありません。なお、役員と役員の親族の給与は本制度の対象外であるこに留意が必要です。 …

»…の続きを読む

分岐点 法人成りした方が有利といえる分岐点を明確に示すことは困難です。 その理由として所得税や法人税のみの観点だけではなく社会保険の支出や各種制度の特典等について複数の観点から検討しなければならないことに加え、将来的に予測した金額をもとに試算せざるを得ない点にあります。実際に現況の数字で法人であった場合にはどのような費用がかかって、どのような費用の内訳になるのかについて概算で構わないので計算してみ…

»…の続きを読む

納期の特例の対象外の源泉所得税 上記の源泉所得税の納付書は通常よくみる給与等にかかる源泉所得税の納付書と形式が異なります。原稿料・外交員・ホステス等に支払う報酬等につきましては、納期の特例を受けていても、源泉徴収した税金は、必ず翌月10日までに納付しなければなりませんのでご注意ください。 源泉所得税の納付は、原則、支払月の翌月10日までにすることとなっています。納期の特例を受けていなく、毎月源泉所…

»…の続きを読む

住民税の申告は必要 雑所得が20万円以下であっても住民税の申告は必要になります。 サラリ-マンの方にとって所得税の確定申告についても馴染みの薄いことでしょう。住民税の申告といったら、聞いたこともないという方も少なくないです。 住民税は、所得税の計算の基礎となった所得をもとに計算されるため、所得税と双子の税金と例えられることが多いです。サラリ-マンは、会社が本人に代わって各市町村へ年間の所得税の計算…

»…の続きを読む

お客さまより、「役員等の経営者が社会保険に加入しなくても良い場合はあるのですか?」といった社会保険に関するご質問をよく受けます。法人は資本金や売上等のの規模や業種にかかわらず全ての事業所について、社会保険加入が義務付けられています。そのため、経営者一人であっても社会保険に加入しなければなりません。また、個人事業主であっても、常時従業員5人以上雇用している場合は、一定の事業(飲食・士業等)を除き、社…

»…の続きを読む

会社と個人のどちらにお金を残すか 役員報酬の設定により、各種税金・社会保険料の社外流出額を最小額に留めることは非常に難易度が高いです。 決算終了後に新しい期の役員報酬について決定しなければなりませんが、将来的な予測をもとにした不確定要素が多いことから、役員報酬の設定で節税を考えるよりも、会社にいくら残して事業を継続していくかといった会社の資金繰りに着目して設定すべきです。 また、小規模な会社におい…

»…の続きを読む

平成29年度の個人の確定申告の電子申告の受付けも開始されました。 申告期限までまだ一月程ありますが、通常の業務に加えて、確定申告の処理に頭を悩まされている方も多いと思います。 申告をしても支払いがあるだけで収入があるわけではないということはよくわかります。申告をするためだけに数字をまとめることになりますと帳簿を作成することは作業にとどまってしまいます。 確定申告の数字を集計するのにも相当の時間を要…

»…の続きを読む

アクセス

〒226-0015
神奈川県横浜市緑区三保町1680番地

・JR横浜線「中山駅」「十日市場駅」の各駅より車で約7分
・横浜市営地下鉄「センター北駅」「センター南駅」より車で15分
・東急田園都市線「青葉台駅」「長津田駅」より車で約15分
・東急田園都市線「あざみ野駅」「たまプラーザ駅」より車で約20分
・JR横浜線/小田急線「町田駅」より車で約30分

※駐車場2台分有

主な対応地域

横浜市・町田市・川崎市・相模原市・大和市・座間市・世田谷区・渋谷区
その他地域も対応しておりますのでご相談くださいませ。
JR横浜線・JR根岸線・東急田園都市線・東急東横線・相鉄線・横浜市営地下鉄沿線のお客様が多いです。

主な取扱会計ソフト

●JDL

https://i1.wp.com/www.sakura-accounting-office.com/wp-content/uploads/2017/05/JDLIBEX2-3.png?resize=240%2C70&ssl=1

●MFクラウド
(マネーフォワード)

●freee
(フリー)

●弥生会計等

主な連携金融機関

取扱生命保険

  • 大同生命
  • 日本生命
SuperWebTricks Loading...