横浜駅近の税理士|さくら会計事務所【横浜駅より徒歩7分】

横浜の税理士│横浜駅より徒歩7分│税務調査に強い税理士│ クラウド会計対応│会社設立・創業融資・節税・税務調査・法人顧問・相続税対策・安い顧問料等の相談受付中。

「コラム」の記事一覧

小規模企業共済の活用

制度概要 小規模企業の事業主や役員が廃業したり、役員を辞任したときに、掛金及び過課金納付年数に応じて共済金が支給される制度で、くにからの出資及び補助を受けて運営されている中小企業基盤整備機構が運営している共済事業です。 […]

日当の設定で節税できる?

個人事業の場合の日当の経費不可 個人事業の場合は、出張をしても実際の旅費しか必要経費になりません。業種によっては個人事業であっても、お客さまとの打合せ、現場作業当で社外へ出張する方も多いこともあるでしょう。 その場合の出 […]

相続財産の中古マンション等の耐用年数

賃貸マンションや賃貸アパ-トを相続したときは、その後の減価償却費の計算をするために国税庁が資産の種類ごとに定める「法定耐用年数」に照らして確認する必要があります。 中古の事業用資産を取得した時の耐用年数は、通常、新品と同 […]

反面調査時のウソ

経営者が毎年きちんと申告しているから税務署の調査が入るわけがないと考えている場合であっても売上帳簿の提示が求められることがある。これは必ずしもその飲食店に対する調査が目的ではないこともあり、接待等で利用した相手先等の得意 […]

愛人に給与を払った場合

経営者が自分の愛人を会社で雇うときに通常の給与に加え、いわゆる「愛人手当」を上乗せしていることがある。 税務上は、このような手当てを受けている愛人や、あるいは内縁の配偶者を「特殊関係使用人」と位置づけ、給与に関して一般の […]

会社から個人事業へ戻すという選択

個人の事業が順調に伸びて法人成りをしたものの法人は原則加入とされている社会保険料の負担や法人維持コストの増加によって、会社を清算し個人事業へ戻した方が長期的な観点から良いケ-スがあります。 ただし、会社を解散するかどうか […]

新たに従業員を雇い入れる場合

労働契約書の作成 新たに従業員を採用するときは、会社は労働契約書(または労働条件通知書等)を用意し、従業員となる人と合意の上で労働契約を締結しなければなりません。 この書面には以下の「絶対的記載事項」を記載しておく必要が […]

小規模宅地の特例の厳格化

平成30年度税制改正大綱によれば、「貸付事業用宅地等のの範囲から、相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等」を除外する」とされています。 この改正は、相続した宅地を貸付事業用宅地として特例の適用を受けるにあたり、 […]

医療費控除等の適用範囲

医療費控除 「医師又は歯科医師」「治療又は療養」「病院、診療所又は助産所」で保険の対象や医薬品といったものが、ざっくりとした医療費控除の対象となるかどうかの判断基準になります。 ただし、医療費控除の対象になるかどうかにつ […]